多文化共生

全住民の約4分の1が海外生まれという多民族国家オーストラリアでは、多文化主義の思想が社会各層に浸透しています。行政、NPO、地域社会が一体となって多文化主義政策を展開するオーストラリアの事例は、今後の更なる在住外国人住民の増加が予想される日本においても参考になるところが多いと考えられます。

シドニー事務所では、日本の地方公共団体職員及び地域国際化協会職員等を対象としたセミナー「豪州多文化主義政策交流プログラム」を毎年開催しています。

このセミナーでは、参加者の皆さまが、活動現場や関係者との意見交換会等を通じて、オーストラリアの多文化主義政策に関する地方行政等への理解を深め、日本の多文化共生に対応した地域づくりの現状や課題を改めて見直すとともに、国際感覚のかん養を図ることを目的としています。(実施要領や申込書などは東京本部ホームページよりご覧いただけます。)

プログラム参加者による視察報告書は以下をご覧ください。

プログラム報告書:2016年度版 ・2015年度版・2014年度版・2013年度版・2012年度版 ・2011年度

Navitas (12)Ethni Community Servuces Co (11)Navitas (4)

[print-me]